Google検索で「スピードテスト」と検索すると回線速度テストが簡単に出来るようになった

time_icon
2018.6.3
category_icon
tag_icon

こんにちは!diz(@diz_twit)です。

突然ですが皆さんは回線速度を計測した事がありますか?

ネットサーフィンなどしているとホームページの表示が遅くなったり、ストリーミングサービスなどであれば、視聴中の動画が途中で止まったりした事があるかもしれません。
そのような場合、低速になっている原因を探すためにもまずは今現在の回線速度を確認する事が重要です。その場合、回線速度を数字で測るテストを行います。

通常はGoogleなどで「回線速度テスト」と検索するとUSENやBNRスピードテストなどが上位にヒットし、そこで計測するんですが、今回Google製で回線速度を計測できるサービスが有りましたのでご紹介します。

手順説明

まずはおなじみのGoogleのトップ。検索枠に「スピードテスト」と入力して虫眼鏡アイコンを押してください。
するとこのようなスピードテストの説明が表示されます。

ご利用のインターネットの速度を 30 秒以内でテストします。この速度テストで通常転送するデータは 40 MB 未満ですが、高速接続ではより多くのデータが転送されることがあります。
テストの実施を目的として、Measurement Lab(M-Lab)に接続されて端末の IP アドレスが共有されます。M-Lab がテストを実施し、インターネットのリサーチを促進することを目的にすべてのテスト結果を公開します。公開される情報には各端末の IP アドレスが含まれますが、ユーザーに関するそれ以外の情報は一切公開されません。

次に「速度テストを実行」の青いボタンを押してください。
するとすぐに計測がスタートします。最初は下り(ダウンロード)速度の計測。
次に上り(アップロード)速度の計測。
すると、上下の回線速度結果が表示されました。回線速度にもよると思いますがかなり短い時間で計測する事が出来ました。

さいごに

今まで多数の測定サービスがありますが、何せGoogle社製ですから今後回線速度計測ツールのスタンダードになりそう。
高速な回線だったらスクリーンショット撮ってSNSでドヤれますし、低速な回線であった場合は設定の最適化やルーターの故障を疑ったり、より高速なプロバイダに乗り換えの検討もできます。
回線速度の結果は結構重要なバロメーターになると思いますので、定期的にチェックすると良いですよ。

関連記事